Howdy Y'all!!-my Texan life-

家族4人と犬一匹のテキサスでの暮らしを綴っています。 国際結婚しています。 アメリカでの子育て、英語、日本語教育の事や 私の学生生活ー仕事のこと、ここで会った色々な人の事などについて 面白くかければいいなーとゆる〜くやって行こうと思います。 テキサスでのオススメスポットや日本のものが手に入る場所や情報なども 色々発信していけたらと思います。 かなりマイペースなので暖かく見守ってくれたら嬉しいです。

カテゴリ: 旅行



もう一回前の記事を見返したらなんてひどい文章なんだと思い、 少し修正して加筆しました。

前回の続きで私一人で5歳の息子と0歳9ヶ月になったばかりの娘を連れて実家に帰省した時の話です。

 
成田にはだいたい午後の3時頃到着するのですが、それから同じターミナルのJALの国内線に乗り換えるととーーーーっても楽なんですが、だった出口のゲートから出てすぐ左に歩いてったらカウンターがあるのでね。

でも何が嫌かというと飛行機の出発時間が夕方の6時45分くらいとかなんだよね確か。
だから新千歳空港に着くのが結局8時半とかになっちゃうんです。
そこから札幌市内の実家までとか言ったらもーー結局到着が10時は余裕ですぎてしまう。

だから約3時間くらいかな、時間を潰すのが嫌だなぁと思い今回思い切って乗り継ぎ便を少し早い時間のジェットスター便にしたんです。
確かにキッズスペースで遊ばせられるんだけど、それで不眠不休でかなりキツイところに娘が加わってしまったから、すっごいその間にぐったりと疲れてしまうだろうし、
その時間の中でもう家につけるよなぁとか。色々ぐるぐる考えて評判はあんまりよくないみたいだけどジェットスターに乗ることにしました。

それでまず、心配だったのが第2ターミナルから第3ターミナルまでどうやって移動するかなぁということと、時間内にチェックインしないと自動的にキャンセルされちゃうみたいということだったので事前に旅行会社の人に聞いておいたら、これはもうパッケージだから、もし仮に何かが起こって間に合わなかったとしてもきっと次の便に振り替えてくれるから大丈夫ということでした。
それと子供2人連れて第2から第3は後述しますがまーーーーったく問題ありませんでした。


まず荷物のピックアップで荷物を取ります。


BlogPaint


そして一回空港の外に出てから第3ターミナルという線に沿って歩いていきます。


バスも出ているみたいだけど、歩きの方が早く着くかもと思いポカポカ陽気の中をカートを押しながら歩いていきます。
娘は抱っこ紐の中で寝ていてくれました。

そして第3ターミナルに着きました。

これも写真はないんですが、新しくてとっても綺麗なターミナルですが、プレハブ?っぽい感じがありました。
そして一回からはエスカレーターでもエレベーターでもいけます。
幸いそこまで人がいなかったのでエレベーターも特に待つことなく乗れました。

そして入ってからすぐにジェットスターのカウンターがあったのでそこでチェックインした後、御手洗に行ってマスクを剥ぎ取り、子供が用を足している間にすこーしだけパウダーをはたいてマスカラをつけました。
ダラスで化粧を落としたまんまだったのでね。
眉毛は書いてあったんだけどあとはすっぴんだったのでね。

ターミナルの中はコンビニ、お土産やさんフードコートなどおしゃれなお店がいっぱいあってテンションがあがりましたがとてもじゃないけど写真を撮って歩き回れる余裕も時間もなかったのでとりあえずゲートに向かうことにしました。


BlogPaint



私たちの乗る飛行機は一番奥のゲートだったのでセキュリティーを抜けてから少しだけ歩きましたがもう荷物もないので全く問題なかったです。

BlogPaint



そしてそこのゲートが並んでるところ、入ってすぐのところには御手洗に授乳室、キッズパークもありました。
そこでたまたま双子ちゃんがいて娘に興味津々でした。
息子はもう5歳なのでそこは小さい子用だから遊んだらだめだよーと伝えてあったので遊んではいなかったですが、中に入って娘が頭とかをぶつけないように見張っていてくれました。

そして、授乳室で少し授乳してからオムツを替えてゲートに向かいます。


ゲートに向かう最中にはこんなショップもありました。

IMG_6016
 


IMG_6017


ちなみにこれが中間地点くらいから来た道を撮った写真です。長いです。


BlogPaint



 
ジェットスターのオリジナルグッズとかも売られていました。


BlogPaint


IMG_6021


こんな感じでガチャガチャも大量においてありました。

私も誘惑に負けてなけなしの100円玉を投入してやりましたよ。ええ。
息子はポケモンかな?のやつをやって、私は触って楽しいふにゃふにゃのパンをやりました。

IMG_6023


これがおめあての飛行機です。

夕方5時半発なので到着時間が7時くらいの予定でした。

乗客が乗り終わってから最後の方で乗り込みます。
かなーーーり沢山人が乗っていました。

IMG_6026


一回外に出てそこからのタラップを上がっていく感じのスタイルでした。
オーストラリアに行った時もそうでした。

IMG_6028

 
IMG_6029


かっこいいなぁ。みんな写真を撮っていました。
私もつい撮っちゃった。

そしてフライトアテンダントの女の子たちは若くてキャピキャピでした。
通路側の隣の席には現在オーストラリアに住んでいると言っていたアメリカ人の男性が座りました。
彼がフライトアテンダントの人に「僕席移動しようか?」って聞いてたからやっぱ子供二人連れてたらちょっとあれかーと思い、一応挨拶をしておいた時に少し会話したのです。
ですが、息子も娘も飛行機に乗ってから数分後に爆睡

赤ちゃん用のベルトをもらい、そのベルトを自分のベルトに装着しました。離陸を待ちます。

離陸を待ちます。


離陸を待ちます。



離陸を・・・って離陸しないんかい!! 

全然出発する気配ないんです。


そしてアナウンスが流れ「ただいま滑走路が大変混み合っております・・・」

というまぁ、確かに成田のこの時間なら混むだろうという。


ですが後でネットで調べてみたらこの格安航空って離陸までにすーーーーっごい時間かかるんだってさ。


結局6時になっても離陸しなかったのを覚えています。


私もその時には意識朦朧としていて、後ろの席に座っていたおばさまたちがお弁当を開けておしゃべりしながらがっさがさごっそごそやっていたので娘と息子が起きないかドキドキしながら意識を失う寸前のところで堪えていました。
「お漬物、おいしね…と聞こえたところで意識を失いました。その頃おうやく離陸したようです。
約45分くらい待機していました。


そして、息子が途中で何を思ったか足が痛いと泣き出してさすったりしていたらずっと寝てくれました。


この格安航空のいいところは機内サービスがほしい人限定なんです。
なので全員サービスじゃないので、起こされないのがいいかもしれないです。

まぁ私たちは割とぐっすり寝ていたので特に気づかなかったのですが、気づいたら着陸していました。

そして娘も息子も1度も起きることなく無事に到着して、後ろの例のおばさまたちが降りる時にほめてくださいました。

「お母さん大変だったね、がんばったね」と言われたのです。じーーんときちゃいました。


お母さんって大変だな。


とかしみじみ思っていると、だっこひもを上の荷物入れに入れてたのをすっかり忘れていたのを横に座っていたアメリカ人男性がすかさず取ってくれてやっぱり私はアメリカ人のその相手を思いやる精神っていうのかな、助け合いの精神がいいなぁなんて思ったり。

そしておばさまたちの母なる優しさと温かみにも触れ、最初は大変だったけど、最後は良かったということで一件落着です。結局予定よりも大幅に遅れて7時半くらいに千歳に着いたんだけどね。

そしてみんなが降りてから息子を起こして、下に降りてから荷物を取りに行きました。


いつもはだいたい家族、前に友達が迎えに来てくれたことがあったのですが、今回は母親が何を思ったか1日間違えて私たちが着く前日に飛行場まで来てくれてしかも待っててくれるという失態を犯したため
2日続けて空港まで来るのは大変だからMKタクシーをたのんでくれるようお願いしたのです。

そして、荷物を持ってゲートの外に出るとそこにはMKタクシーのお兄さんが待っていてくれ、
まるでキムカーダシアンにでもなったようなVIP気分でタクシーに乗り込みました。

タクシーはベルファイアをお願いしたので本当にゆったりとした車内で実家に着くまで
私も娘も息子も爆睡していました(笑)実家にはだいたい夜の9時すぎくらいに着きました。

 まぁ毎回帰る時は成田ー千歳から実家までの間はだいたい気絶するように寝てしまうんだけどね。
そして夜なので夕飯を食べてお風呂に入って寝るとだいたい次の日朝5時くらいに起きるというサイクルになるのでそこで踏ん張って1日全く昼寝しないように私も息子も頑張れば、時差ぼけもなおるのでアメリカー日本はそこまで時差ぼけは酷くないんです。ただしばらく少し早起きさんになるくらいで。


札幌の夜は相変わらず涼しくてとーーーっても気持ち良かったです。


テキサスが暑すぎるからさ。でもそれもつかの間ですぐに札幌も暑くなるんですがね。


何はともあれ実家について支払いを終わらせてから、家では両親が迎えてくれました。

息子は無言でばぁばに抱きついていましたよ。

娘は泣きじゃくってたけど、あんさん産まれてから2ヶ月ここで過ごしてたんだよってわかるわけないか。

それから夕飯を食べ、 お風呂に入り、髪を乾かして歯を磨かなきゃなんて思っていたらまたベッドの上で寝落ちしていました。その間娘は私の横で寝てたのか、誰かが面倒をみてくれていたのか記憶がない!!

唯一覚えているのが母親に起こされ、二階の自分の部屋に行き寝直したことです。

ですが・・・


ここから娘の時差ぼけが治る2週間強くらい・・・



なんと・・・・



娘・・・



毎朝朝3時に起きてくれたのです。




そして息子を日本の去年いれていた幼稚園に6月1日から入れることになっていたので次の日の22日からしばらくの間子供2人の面倒を見ながら睡眠時間が毎日3〜4時間くらいの昼寝10分できればラッキーという生活が続きました。


そして両親は共働きなため全く頼れず、今回はこれがちょっと辛かったかなーなんて思いました。


娘が起きると自動的に息子も起きてしまうためこれまた厄介でした。


あと、部屋にベッドを2つ並べてそこで3人で寝るという感じだったのですが、娘は普段からベビーベッドでねていたので、次の日即ダスキンでベビーベッドをレンタルしに行きました。
3ヶ月で1万円くらいだったので次3000円ちょっとと考えたらお得ですね。

そんな感じで私の子連れフライトは幕を閉じました。


今思えば結構ラフだったなぁ。


これから子連れで帰省シーズンですよね、駐在さん、国際結婚組さん特にアメリカの休みは長いからさ。


みなさんも無事に私みたいにトラブルに見舞われないように着くといいですね。

とくにバシネット利用したい方はカウンターでももう一回確実に聞くのをお勧めします!!


そんな感じでチャオ〜〜🎶



 



そして8月21日月曜日、ダラスフォートワース空港へ向けて朝8時頃出発。

早く行きたかったのに旦那がグズッグズしていたので結局こんな時間に。

せっかくラウンジでゆっくりできるかなと思ったのに、結局着いたのが11:50出発なのに
10時頃に空港についてしまい。。。

結局11時頃にすべてのゲートを通り抜けれることに・・・

私たちは優先のレーンでセキュリティー通れるはずだったのに、案内の男が間違えたせいで。

しかもこの時点でインド系?の人たちがすっごい沢山いて、彼らがまたモタモタしていて明らかにイライラしてるアメリカ人も・・・。

そして私もイライラしてる1人笑


そして私の後ろにいるインド人の足の指をけがしたおじいさん?ちょっとホームレスみたいな見た目のおじさん?が抜かそうとしてくるので必死で抜かされないようにのせめぎあい。

そして、手荷物を入れるケースを置くレーンのところでおもっきし他の人たち抜かしててすっごい後ろの白人にきれられてた。

なんか一言いってやろうと思ったけど、英語がわからないようだったので無視したけど。
そしてその白人男性に、もしよかったら私の前に来ますか?って言ったんだけどいや、いいって言われたんだよね。余計なことしてしまったかな。

でもこの時は異常に私もイライラしていました。

なんでだろう。

そして嫌な予感しかしなかった。

そしてその嫌な予感は当たるんだけどね・・・。


去年すっごいスムーズにいったのが嘘みたいに今回はあまり快適ではない旅でした。


そしてその足でラウンジに向かいます。

IMG_5992


IMG_5991



今回は2番でした。


IMG_5980


息子がお腹が空いたというので軽食を食べさせました。
 

BlogPaint


BlogPaint


軽食は基本的に小さなサンドイッチ(ツナときゅうりのやつとハムだったかな。どっちも不味い。)
と、サラダバー、スープと味噌汁、クラッカーやチップス、カップラーメン、等本当にちょっとしたものだけ。
飲み物はジュースやソーダ、水など沢山種類がありましたが、急いでいたのとどうせすぐに機内食も出るしで私は水しか飲みませんでした。

出発前だったので人がいっぱいでたまたま個室?みたいなところが空いていたのでそこで食べさせました。
前来たラウンジはもう少し広くてキッズルームって書いたところがあったんだけどなぁ。


でももうかなりいい時間でボーディングになりそうだったので、急いで食べさせました。


そしてお化粧を落とすためにささっとシャワールームへ向かいます。


誰かが使った後でタオルとか落ちてたけどそんな余裕はなし!!

急ピッチです。

こういう時に息子は💩したいというし、
しかも息子は洋服を全部脱ぐ派なんですよね。

なんか洋服につくかもしれないから嫌らしいです。
こういうところ潔癖?なんですよね。


IMG_5988


IMG_5989


IMG_5990


全体的に広い真四角の部屋っていう感じでした。

ささっと顔を洗ってから軽く保湿をして、息子の処理をしてから急いでボーディングゲートまで向かいます。

BlogPaint


ゲートではい、ちーず。


そして早速乗り込みます。


私たちは今回もJALのプレミアムエコノミークラスです。


バシネットを使えるようにバシネット席をリクエストしたので、1番前の広々とした足元の席です。


そう、バシネットを使えたら楽だから、去年と同様エージェントにリクエストしてもらったのです。
そしてバシネット席を使えるようにと、娘の検診を蹴ってわざわざこの日を選択したのです。

大事なことなので強調して書きました。

そして幸いにも隣の席は空いてたので荷物を置かせてもらいました。


51AB8ECC-339A-4E33-BAA5-0D195A1226ED
 

シートも広々としてたのですが、娘を座らせてベルトサインが消えてからは私は床に座ってというか屈んで娘が落ちないようにこういう感じでいることが多かったかも・・・?


BlogPaint



BlogPaint
 


娘には赤ちゃん用のベビースナックをあげながらなんとかぐずらせずに過ごすことができました。

そして、彼女は長男の時と違って、本当に簡単なベビーなのです。

切り替え早い上にグズグズすることが産まれた時からあまりなく、ぐずる時はだいたい眠たい時で、そういう時はベッドに転がしたらすぐ寝るんです。

 なのでバシネットがあったら本当にありがたったわーー!!



そう、ねちっこく書いてますけど、バシネット、JAL側のミスでリクエストされていないことになっていたのです。


そして、もう2つ出ているから諦めてね。
リクエストちゃんとしたの本当に?カウンターでもちゃんと言った?
ねえねぇその話本当?H⭕️Sのせいじゃないの?ほんとに〜〜?っていう対応をされたのです。




正直ハラワタ煮えくりかえったわ。

2回言ったけど、「もういいです」って。

私はあんまりクレームとかバッドレビューするの好きじゃないんというか、よっぽどじゃない限りはめんどくさいし、切り替えて前に進んで行きたいからほぼしないんだけど、
風邪引いてる時にカフェでテイクアウトしたスープに人の煮込まれた爪入ってた時はしたよ流石に。

でもこのバシネット問題は間違いなくクレームいれようと心に誓って日本の地を踏みしめましたよ。

わかってます、フライトアテンダントさんのせいじゃない!
今考えたら悪いことをしたと思うけど、必死で感情を抑えながらものを喋りました。
まぁ、結局は
JALの電話口の人がうっかり忘れたんだろうけど。


ハラワタどころか、全臓器が煮えたよね。

 あのさーーー・・・


このチケット代そんなに安くなかったんだよね。


一般庶民の私的にはさぁ。


そして隣の席のご夫婦の1歳になるお子さんはバシネットつけてもらえててしかも
それ使ってない!!なんたる皮肉であろう!!
お子さんがお母さんの膝が良くて結局荷物置きになってたよね。


あとで少しお母様の方とお話したんだけど、バシネットリクエストしたのにリクエストされていないことになっていました・・・って少し愚痴ってしまったらから
気を遣ってくださって

「私たち子供が全然泣いちゃって使いませんからもしよかったら使いますか?」って言ってくださったんだけど、もうすでに到着まで6時間くらいになってるし、昼寝の時間もとうに過ぎたしで、しかもなんか使ってないんだったら貸してよって言ってるずーずーしーおばはんっぽくない?そういう意味じゃないのあわわわ!!と思って必死で断ってしまった。

しかも荷物もかなり置かれてたし、ご主人も足置き?みたいにしてて疲れていらっしゃるようだったのでそんな真似できないと、っていうかさ!!JALのせいなんすよ!!

そうなんすよ!!


まぁこれについては いいとして、

アメリカからの便では9ヶ月からのキッズミールだかってのがあったからそれをリクエストしたの。

そしたら先にもらえたんだけど、
まず内容物。

バナナ1本
ブルーベリーのマフィン1つ
コーヒーにあうクッキー(アホか)
ジュースだったかな。


まずマフィンに関してはぎっとぎとすぎて食べれたもんじゃないし、コーヒーにあうクッキーってなんかのギャグ?
結局バナナを少ししかあげられなかったので、私たちのミールから少しずつと、赤ちゃん用のパフをひたすらあげ続けました。

よかったぁお菓子持ってきてて。でも息子にすっごい食べられちゃったんだけどね。
ポップコーンか!!ってくらいわしづかみにして沢山食べられてしまったよ。

でもお菓子は沢山ステーション?っていうのかな、ところにおいてあったからおっとっととか、チョコとかおかきとかね、次の食事までの時間が空いて息子がお腹空いたってぐずった時は「うどんですかい」っていうインスタントうどんを頼んで食べさせたりできてとてもありがたかったかな。

ちなみにチャイルドミールはこんな感じです。

特別に息子のだぁいすきなドラえもんを見させながら食事です。


 IMG_6001


IMG_6002



大人のご飯は選べて、私はカレーにしました。


お蕎麦が美味しかったです。


プレエコはエコノミーと食事の内容変わらないんだけど、飲み物と、軽食が少し出るんだよね確か。


ちなみにメニューはこんな感じでした。

まぁさ、結局なんにも頼めなかったんですけどね。ずっと娘抱っこしてたから。



IMG_6003


IMG_6004
 

息子はベルト点灯のサインが消えている間は、途中までこんな感じで妹とよく遊んでくれてたんだけど、昼寝から起きたら頭が痛いって泣き出して、
子供用の痛み止めをもらいました。
それが効いたみたいでそれ以降は大丈夫だったみたいなんだけど。

BlogPaint
 

そんな感じで、一体どうやってこの13時間30分くらいを乗り切ったのか本当に覚えていないくらい
一瞬で終わった感じがします。でも息子が1歳3ヶ月の時のアメリカンエアラインでの日本からの帰国便がいっちばんきつかったなぁ。だからあれと比べると楽チンでした。

息子がもう5歳で自分のことある程度できて、フライトアテンダントさんもお手伝いをすっごくしてくれたから楽さが違いました。
あと娘も全く愚図らず、お隣の方にビックリされるくらい「静かですね」といっていただけるくらい
あっさりしていたので、それも救いでした。

でもなんだかんだやっぱりJALだわ。というか日系のエアライン。
高くても乗る価値がある。

入国カードも記入してくれたし、(サイン以外のところ)息子のトイレも手伝ってくれたしで・・・。


本当にどうやって私機内食食べたんだろーーー!?


娘が少し寝てくれてたからその時は抱っこしながら食べたんだと思います。


席の幅が少し広いからできたんですね。


本当にどうやって過ごしていたのか。


一睡もできませんでした。



娘が寝てる間に一生懸命寝ようとするんだけど、他の子供の泣き声や息子のグズグズで起こされてしまう。あとやはり周りに迷惑がかからないように絶対に泣かさないように娘の機嫌をとるのに必死でした。
そんなの無理なんだけどさ、やっぱり目の前ビジネスクラスだし、そこまで人が乗っていなかったとはいえプレエコも人いたからさ。

息子も全く寝ないまま唯一娘だけがすこ〜〜しだけ仮眠をとって成田に到着しました。


写真が全然ないのは写真を撮る余力が全くなかったからです。


残念!!



他の人のブログみたくかっこよく色々なんか書いてみたかったなぁ〜〜。



残念!!



そしてJALにクレームのメールを送って返ってきた内容の話も近いうちに書きたいと思います。


またこれが色々後味悪いんだわ・・・。



そんな感じで今日はマッサージに行ってとってもリラックスして気持ちよかったので寝ます!


おやすみなさい。



次の記事は成田から札幌までジェットスターで帰る。の巻です。
 

↑このページのトップヘ